女性専用潤滑剤ルブリカントについて
濡れない悩み

彼氏と性行為をするとヒリヒリ痛い。ずっと我慢しているけどこのままでは性行為したくなくなってしまう。

Q.ここ最近性行為すると痛くなってしまい、その原因は分かっているのですが、濡れなくなってしまい、擦れて痛みをともなってしまっています。今では性行為をすることが怖くなり、できるだけ避けるようにしています。この場合は彼氏にきちんと打ち明けて事情を分かってもらった方が良いのか、そこでも悩んでしまっています。会えば必ずと言っていいほど彼は求めてきます。「濡れなくなった」と伝える勇気が今の私にはありません。それは彼のテクニックを否定してしまっているような気がして。ただとても淡泊なのは事実で、一通りの流れを短時間でいつも通りこなしているような感じがしています。それもほとんど彼がしたくなったら半ば強引に。まだ私はそんな気持でもなく、いつも彼のペース。もしかしたらそんなことが色々積み重なって私の気持ちが乗らなくなってしまったのがそもそも濡れなくなった原因かもしれません。
もしかしたら私の気持ち次第かもしれませんが、性行為が楽しめなくなってしまっています。こんな時どうすれば解決できるでしょうか?潤滑ゼリーやローションを使うことも一つの選択肢かもしれませんが、それを使うこと自体「濡れない」ということをバラシているのと同じなので、 まだ使うには抵抗があります。

A.まず根本的に解決しなければならない点があると思います。性行為は相手との相性があります。それは結婚する上でも実は重要な要素だったりします。その相性が悪ければ夫婦関係も何かしら溝が発生することだってあり得ます。

今回のご質問では「彼との性行為」の相性だと思います。あなたがこうして欲しいのと彼とのギャップがあるのでそこを解消していかなければ一時的には潤滑剤を使ってその場をしのげますが、それにずっと頼らなければならないので、恥ずかしいかもしれませんがそれは今後のためにという割り切りで彼にしっかり「なぜ濡れないか」を伝え、これを改善しなければ「痛く」て病院に行かなければならない事実まで伝えましょう。

愛撫をもっとしてほしい、指は痛いから使わないで舌で舐めてほしい、性感帯がここなのでここを思いっきり攻めてほしいなど。それに反論してくる彼なら考える必要が私はあると思います。それくらい性行為の相性は大事だと思っているからです。

性行為して痛みに耐えるのはいつも女性。このサイトでは潤滑剤を販売していますので潤いある中での性行為のサポート役としてお使いください。

濡れない悩みをルブリカントとが解決 女性専用潤滑剤ルブリカントについて